村上団地2街区ブログ

千葉県八千代市村上に位置する、村上団地2街区に関する情報を配信してます。

カテゴリ: ペットの飼育について

広報村上中央 平成25年3月21日の3月号では、
平成23年裁判提訴に踏み切った平成25年2月19日の第4回目の裁判期日で和解が成立


口頭若しくは文章による抗議等の対処を徹底し、「禁止事項」の遵守を目指して参りますので、
組合各位の於かれましてはご理解とご協力の程を切にお願い申し上げる次第です。
第3条の三  建物の階段室等、共有の場所に私物を置く事
第3条の九  共有地に勝手に樹木や草花を植える事
に関しても「禁止事項」ですので今後は発見次第撤去して一時管理事務所にて保管後、
処分しますのでご承知置きください。
と掲載されています。


平成25年7月8日と平成25年7月18日、平成26年5月30日に
村上団地中央住宅管理組合から、ペットに関してのお願いと対応の書面が配布されています。

※広報や配布資料を確認し、以前の理事は対応が良かったのだなと改めて感じました。

ペットの問題は、なかなか難しいですね。
裁判でも和解しかなさそうで、余程の事がないと勝訴は難しいです。

犬の泣き声や歩く音でノイローゼ、犬がベランダ隙間から超えて来て物品を壊した
これらは個人で裁判を起こせば勝訴するでしょうが、裁判費用と時間を考えれば。。

これら個人の事については、管理組合は訴訟を起こしてくれません!
※個人が訴訟を起こした場合、対応が悪かった管理組合も一緒に提訴されている例もあります。
小額訴訟では、相手が反論して結論が出せなければ、通常の裁判になるので判断が難しい。

※その先は、当然わかりますね!早く手を打たなければ負のスパイラルに陥るでしょう。
    ペット禁止でも、20%以上の住人が犬猫を飼育している管理組合があるそうです。

・犬猫の飼育禁止であっても、飼育住居者が増えてきています。
ある棟では、犬猫合計3匹を飼育している住居者がおり、
その近隣住居者も飼育し始め5戸が飼育しているようです。(4戸確認済み)
犬猫を飼育している部屋は、他のことも守られていないですね。
murakami39amurakami39dmurakami39c
murakami39b
※写真を見ると犬猫以外にも違反と見られる内容がありますね。
    灯油タンク見たいのは何なのだろう?灯油だとしたら危険ですね!
※この棟は、千葉地方裁判所で競売に掛けられた部屋もあります。
  また、空き部屋も何戸かあります。
  管理費や修繕費が払えないので競売、または嫌気がさして引越したのかな?
※他の棟からも犬の泣き声が聞こえてくるので、どの程度いるのか?です。
※管理は嫌われる位が良いのです!疎かにした場合の見本ですね。
※禁止をしても、罰則が何も無いのも問題です!

↑このページのトップヘ