村上団地2街区ブログ

千葉県八千代市村上に位置する、村上団地2街区に関する情報を配信してます。

カテゴリ: 規約抜粋など

9月18日 3回目の会合で、マンション管理士さんが作成された
「村上団地中央住宅管理組合規約」上位部分の説明がありました。

出席者は、副理事2名 理事2名と私だけでした。
(1名は猫を飼って規約に違反しているので退室されました)

規約の内容は、国交省の基本+私がまとめた内容+マンション管理士さん
の合作で、ほぼ良いだろうと思います。

※相変わらず視点が狭く素養(リティラシ)が低い方の質問がで困ったものです。

次回は10月15日に後半部分の説明です。
細則は自分たちで考えなければいけないので、どうなるのか見ものですね (^^ゞ

9月3日は、規約改正 2回目の勉強会を開催、今回も講師は私でございます (^^ゞ
今回は、前回の見直し委員会での不明点を調べて説明した。
タップリ2時間 話し合いました。
私は唯の委員なので、委員会や理事会の決定に従う身なので ^_^;

・規約に追加する項目をまとめて次回の会合で、マンション管理士さんへ渡す。
・細則は、身近な問題点を次回勉強会までにまとめておく
・今後の管理組合理事会と管理組合自治会との関連性を討議


※相変わらず出席者は少ないね(三役+理事1名) (-_-メ)
  今回の為に情報収集で役所まで電話問い合わせしてしまったが、
  モヤモヤしていた部分がハッキリして良かった

8月13日に2回目会合で、
簡単に国交省 標準規約と現規約の相違点 説明

私の質問で、規約書の作成は図表も含めて、マンション管理士が行うことが
はっきりしました。(ここがハッキリ説明がなく心配な点でした)
追加変更は会議の議論で纏めていくと!やっと 全体像が見えた!


規約はマンション管理士さん!
委員会は、独自勉強会で細則に絞って進めることを提言したが、
さて細則の勉強会を開くのか見ものです!
前回は私が勉強会をと提言して行ったが出席は三役だけ
今回は、何も言わずに静かに見守ることにしました。(^^♪

※理事長や規約改正 委員長さん、最初にハッキリと確認してよ
  心配になり規約と細則の叩き台を作成してしまったじゃないか!

※私が作成した規約・細則をマンション管理士さんに渡してあったが、
  PC内に見当たらないと言うことなので、再度 渡しておきました。

リーダーシップがない、自分で調べようともしない方が多く
調べても理解できないから質問するが基本!無駄な質問が多く恥ずかしくなります。
なんとも先が思いやられますね!(このような方が理事長になるとガタガタですね)

・問題のある区分所有者に理事が注意しに行きたがらないがどうしたら良いか?
  ああーー情けない質問!!
  担当理事の責任感の問題でしょう! 素養が低すぎる!!
  一人に押し付けないで、複数の理事で行けよ!!ああーー情けない!!

自治会のことは規約とは関係ないよ!(資質が問われるよ)
管理組合に、払った金を返せと区分所有者に訴訟起こしてもらいたいのかね。
本当に自分の首を絞めることを発言する方ですね。

マンション管理士さんが纏めた内容で決まるのなら名目だけの委員会は不要かな?
皆で決めましただと、私は必要ないかな?何時脱会しようかな。。。(^^♪
※素養もリテラシも低くリーダーシップもない、
    だから一街区の管理組合や自治会から絶縁されるのですよ

7月17日に最初の会合で、JS・マンション管理士とメンバーの顔合わせと
簡単な国交省 標準規約の変更点の説明で終わりました。

誰が規約文章作成の実作業を行うのか作業分担がハッキリしない!
基本をJS側が作成し、それを追加変更の議論を行うだけなのか?
なんともハッキリしない! 全体像が見えない!

私が国交省 標準規約や他団地の規約・細則を参考に作成した
規約・細則や他団地の資料を個人的にマンション管理士に渡して、
検討していただくようお願いしました。

知識の無い方達で、月一回の会議で今年中にまとまるのかな?
なんとも先が思いやられますが、
JS側が作成した内容で決まるのなら名目だけの委員会は不要なのでは

団地の管理費と修繕費積立金は、他のマンションより安いのも特徴です。
付帯費用が高いと賃貸で良いのではとなりますね。

管理費         :4,000円/月
修繕積立金  :8,000円/月
駐車場         :5,000円/月
バイク置き場:1,000円/月


最低、月「12,000円」の費用で済みます。

村上団地中央住宅管理組合 規約

規約 第18条の規定に基づく「協 定」(2)共同生活の秩序維持に関する協定
(禁止事項)
第3条  組合員は、次の各号に掲げる行為をしてはならない。
二  <犬・猫・ウサギ等は飼育禁止です>
四  近隣の迷惑となる言動・騒音・悪臭・煤煙等を発すること
六  バルコニーの外壁面より外側に洗濯物等を干し、又はバルコニーの手摺に
    植木鉢等を置くこと
八  住宅前の道路、その他組合が禁止する場所に駐車すること

(違反に対する処置)
第6条  理事長は、組合員がこの協定の定めに違反したときは、理事会の議決に
        基づき、その者に対し勧告その他の必要な処置をとることができる。
   2.特に第3条 第八号に掲げる行為をした場合、理事長は理事会の議決に基づき、
       その車両の強制的排除を行う事ができる。又、それに要する費用は、
       その車両の所有者もしくは使用者が全額負担するものとする。

規 約 書 の 「1.生活のルール」から
   3.共同生活のルール より
(2) 騒音防止等について
    コンクリート住宅は音に敏感です。居室の物音は壁を通して左右の住宅へ、
    天井と床を通して上下の住宅へ、さらに窓を通して前後の住棟へ響きます。
    近隣の迷惑となる言動を行ったり、騒音、悪臭、煤煙等を発することなど、
    他人の迷惑となる行為はやめましょう。
  気になる物音
   ・テレビ、ステレオ、ラジオ、カラオケ等のボリュームを上げた音
   ・ピアノ、エレクトーン等楽器の音
     (使用時間は 午前9時から午後8時までにしましょう)
   ・窓、扉を強く閉めた音
   ・ベランダや階段を下駄やサンダルで歩く音
   ・室内で走り回ったり、強く歩く音
   ・自動車の空ぶかしやエンジンのかけっぱなしの音
   ・夜間の騒ぎ声
(3) 動物の飼育について
    要約は、共同生活の秩序維持に関する協定 の第3条 二 参照
(4) バルコニーの使用について
    要約は、共同生活の秩序維持に関する協定 の第3条 六 参照
(13) 掲示板の使用について
     管理事務所の許可があれば、1週間の掲示ができる(要約)

↑このページのトップヘ