管理組合の広報 4月号が届きました。
何時もの日付を変えただけの、ありきたりの報告ですが
!工事関連の実施が見送りだそうです!

給配水管改修工事設計、防犯カメラ設置工事、階段表示パネル移動、
および階段掲示板増設工事、野外各種看板改修設置工事の
今年度の実施を見送ることとなりました。


・防犯カメラ設置工事は、1箇所 100万円ですからね
  自分のお金ではないから使い放題ですか!

周りから無駄使いが多いとの声が大きくなったのか?
現理事長は周りの評判が悪いこと!

・共有部分に修繕積立金を使う給配水管改修工事に関しては、問題がありすぎですから

※最高裁では、丁寧な説明と議論を行い先行工事された方の不利益が発生しないよう
    規約変更しなさい。
    また、不利益が発生した場合は損害賠償請求を行いなさいとの判決です。

※先行工事された方の補償がない総会決議は無効になるような

我が管理組合は、先行工事者には保障はしない、お金が足りなければ強制的に集金し
実行します。また、現行状態には戻しません。
2020年のオリンピック工事が終わってから工事を行う考えで、最終的に配管工事方法も
決定していないのに、工事設計を依頼している。
管理会社と理事会が進める工事方法は、管理会社が得する方法で修繕積立金にも関係する
大きな問題が発生する内容です。これでは話にならないですね。


丁寧な説明も議論も無く強制ですので、最高裁のお墨付きどおりに
リフォームなど先行工事を行っている方は損害賠償訴訟を起こしましょう


※規約無効の訴訟を起こせば、規約も無効にできると思います。
    外部管理者として委託契約している、
    マンション管理士さんは、何を助言しているのだろうか?
    管理会社とマンション管理士に食い物にされているのかな?

  5月20日 10時からの総会は荒れそうですね。