11月20日 5回目の会合があり、共用部分の添付資料が追加され説明がありました。

開催前に追加されていない項目が一つあるので、三役と意見統一を行いました。
管理組合自治会としての立ち位置と、管理組合内 自治会の取扱いを規約で定める

マンション管理士さんは、不得意な分野なのか反論するだけで困ったものでした。

公益財団法人 マンション管理センターでは、以下の内容をそれぞれの規約で
定めておく必要があります。となっています。

・管理組合の役員が自治会の役員を事実上兼ねる場合であっても、
  両者は別の組織であること
・管理組合と異なり、自治会は、任意に加入・脱退が可能であること
・自治会活動に必要な費用については、自治会費として管理組合の管理費、
  修繕積立金等とは区分して処理すること
・地方自治体等からの連絡や消防・防災訓練等などは管理業務の一部として
  対応することが適当である
・マンションに現に居住している組合員以外の貸借人も自治会活動に
  参加できるようにすること

以上の内容と構成図を追加する事だけですが、自治会の会費や加入についても
現状と同じ内容であり、
行政からも途中で管理組合内の自治会に変更されていると話を聞いており、
問題はないはずなのですが、屁理屈で反論するだけでした。

理事会の委員会的な存在だと行政へも登録できないし補助もでませんよ!

帰り道に参加した理事さんから、いままで不透明で疑問だった自治会の
内容がわかって良かったと言われました。
他にもいろいろ疑問点が沢山ありますと、叩けばいくらでも埃が出るのが
村社会の管理組合や自治会の組織です。
日本は90%の方は素養が低い、村社会の国だからしょうがないね。(ーー゛)

理事三役は規約改正委員会とは別に、勝手に動いているようだし。。。
規約改正委員会の委員は、建前上利用されているのは以前から分かっているので、
もう勝手にやってくださいですよ!と。。。。
早く終わらせて、お役御免したいです。(-。-)y-゜゜゜