村上団地中央住宅管理組合 規約

規約 第18条の規定に基づく「協 定」(2)共同生活の秩序維持に関する協定
(禁止事項)
第3条  組合員は、次の各号に掲げる行為をしてはならない。
二  <犬・猫・ウサギ等は飼育禁止です>
四  近隣の迷惑となる言動・騒音・悪臭・煤煙等を発すること
六  バルコニーの外壁面より外側に洗濯物等を干し、又はバルコニーの手摺に
    植木鉢等を置くこと
八  住宅前の道路、その他組合が禁止する場所に駐車すること

(違反に対する処置)
第6条  理事長は、組合員がこの協定の定めに違反したときは、理事会の議決に
        基づき、その者に対し勧告その他の必要な処置をとることができる。
   2.特に第3条 第八号に掲げる行為をした場合、理事長は理事会の議決に基づき、
       その車両の強制的排除を行う事ができる。又、それに要する費用は、
       その車両の所有者もしくは使用者が全額負担するものとする。

規 約 書 の 「1.生活のルール」から
   3.共同生活のルール より
(2) 騒音防止等について
    コンクリート住宅は音に敏感です。居室の物音は壁を通して左右の住宅へ、
    天井と床を通して上下の住宅へ、さらに窓を通して前後の住棟へ響きます。
    近隣の迷惑となる言動を行ったり、騒音、悪臭、煤煙等を発することなど、
    他人の迷惑となる行為はやめましょう。
  気になる物音
   ・テレビ、ステレオ、ラジオ、カラオケ等のボリュームを上げた音
   ・ピアノ、エレクトーン等楽器の音
     (使用時間は 午前9時から午後8時までにしましょう)
   ・窓、扉を強く閉めた音
   ・ベランダや階段を下駄やサンダルで歩く音
   ・室内で走り回ったり、強く歩く音
   ・自動車の空ぶかしやエンジンのかけっぱなしの音
   ・夜間の騒ぎ声
(3) 動物の飼育について
    要約は、共同生活の秩序維持に関する協定 の第3条 二 参照
(4) バルコニーの使用について
    要約は、共同生活の秩序維持に関する協定 の第3条 六 参照
(13) 掲示板の使用について
     管理事務所の許可があれば、1週間の掲示ができる(要約)